本文へ移動

TRD工法の概要

工法の概要

TRD工法は施工概要図に示すように、地中に建て込んだチェーンソー型のカッターポストをベースマシンと接続し、横方向に移動させて、溝の掘削と固化液の注入、原位置土との混合・撹拌を行い、地中に連続した壁を造成します。
  H鋼などの芯材を建て込み、地下掘削時の土留め止水壁として適用できます。さらに液状化対策や地盤の補強など様々な用途への応用も可能です。

施工概要図

TRD施工概要図
TOPへ戻る