本文へ移動
0
0
6
9
3
7
https://www.trd.gr.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

TRD工法の特長

TRD工法の特長

TRD工法の特長

(1)抜群の安定性

低重心設計により、従来工法と比較して機械高が大幅に低く、安全施工が可能です。

(2)高精度施工が可能

直進性、鉛直性に優れた高精度施工が可能です。

(3)優れた掘削能力による省コスト実現

TRD施工機は硬質地盤(砂礫・土丹・軟岩など)に対しても掘削能力は高く、先行削孔等の補助工法を必要としないため、工期の短縮によるトータルコストの縮減が可能です。

(4)深度方向に均質な壁品質

鉛直方向全層を同時に混合・撹拌するため、原地盤の土質や強度が異なる互層地盤に対しても、深度方向に強度のバラつきが極めて少ない均質な壁が造成できます。

(5)目違いのない連続性

等厚式のため全体に目違いのない連続した止水性の高い、高品質の壁が実現できます。

(6)芯材間隔の任意設定が可能

壁形状が等厚であり、任意の間隔で芯材の建て込みができます。
TOPへ戻る